10月 | 2019 | 東進ハイスクールJR奈良駅前校|奈良県

ブログ 2019年10月の記事一覧

2019年 10月 25日 模試前日の過ごし方【石崎】

  

 

 

◆各種お問い合わせはこちらをクリック!

 

2019年 10月 24日 学習の両立の実現へ【柳田編】

  

 

 

◆各種お問い合わせはこちらをクリック!

 

2019年 10月 21日 高速基礎マスターについて【矢倉編】

  

 

 

◆各種お問い合わせはこちらをクリック!

 

2019年 10月 20日 ブログ総選挙13日目【山本編】

 

 

こんにちは、はじめましての方ははじめまして

 お久しぶりの方はお久しぶりです!

 

担任助手3回生の山本です!

              

                     

   

 

ブログ総選挙、いよいよ最終日ですね!

トリが私でいいんでしょうか。いいですよね。

 

みんなたくさん工夫して、

面白いブログを書いているので

まだ読んでいない方はぜひ先に読んでから

私のブログに戻ってきてくれると嬉しいです。

 

 

では、例にならって私も自己紹介からしていきましょう。

近畿大学 薬学部 医療薬学科

3回生、山本真鈴と申します。

 

ソース画像を表示

近畿圏最大級の私立大学で、受験者数は日本一!

  1. キャンパスは3つあり、

医学部がある大阪狭山キャンパス

農学部がある奈良生駒キャンパス、

そして中高も併設された東大阪キャンパス(薬学部はここ!)です。

家からだいたい1時間半くらいかけて通っています。

キャンパスのきれいさ、新しさ、関連施設の充実さは誇れる点ですね!あとまぐろ!

ソース画像を表示

 

 

さて、今回は、

①薬学部で学ぶこと

②今の大学生活について

③このブログを読んでくださっている皆さんへ

の三本立てでお話ししていこうかなと思います。

 

①薬学部で学ぶこと

11日目で渡邉担任助手が「看護学部は大変だ!」と言っていましたが、

薬学部も負けず劣らず大変です。

だって医療系だもの。

基礎化学・物理・生物にはじまり

有機化学(薬物の性質を理解するために必要)

解剖(身体のしくみとつくりについて)

化学・物理分析(研究における基礎)

生化学(体内の消化吸収・合成に関わる生化学反応)

薬理(薬が身体のどこに作用するか)

薬物動態(薬が体内でどのように代謝を受けるか)

製剤(有効成分をどのように必要な場所まで届けるか)

病態(病気がどういう原因で、どこがおかしくてどのような症状が出るか)

薬物治療(どの病気に対しどの薬を使うか、どのように治療するか)

放射線(医療用に使うものから環境放射線まで)

衛生(感染症を予防するには、人間が健康に生きることのできる環境の維持)

微生物(人間に感染し病気を起こす細菌・ウイルスなどについて)

法律(薬剤師と薬について規定する法律について)

倫理(ひとの命と向き合う職業なので必須)

などなど!いや~~~~多いですね!大変です。

とてもじゃないですが書ききれないので

簡単にまとめましたが

細分化するともっと増えます。

大変です(2回目)

試験に、実習があればレポートに、

とやることは並みの学部よりは確実に多いと思います。

大変です(3回目)

 

 

②今の大学生活について

3回生になり、いよいよ研究室への配属が決まり、

研究室生活を楽しんでいます。

やっと2週間?くらいですかね。

教授から研究テーマをもらい

同じ研究をしている先輩にいろいろ教えてもらいながら

少しずつ自分で出来ることを増やしていっています。

講義を受けて勉強する、とは

また違った頭の使い方をしているので、

慣れない間は疲れましたが今はひたすら楽しい!

 

研究室のことについてはオンライン上に書けないことが多いので、

続きは私まで方式をとらせてもらいますね(笑)

 

 

③このブログを読んでくださっている皆さんへ

まあ~~~~~大変なんですよ薬学部って。大変(n回目)。

勉強も実習も、6年間通うのも国家試験の勉強も、本当に大変です。

でもこの学部に入ったことを、私は微塵も後悔していないし、

毎日楽しく過ごしています。勉強だって楽しい

 

大学における楽しさっていろいろあると思いますが、私が何より大事だと思っているのは

「自分の興味関心に忠実に進路を選ぶ」ということです。

 

薬学部って本当に化学生物の延長線(+物理が少し)しか勉強しません。

つまり、もし化学生物に興味がない場合、

毎日興味のない、つまらない講義を受けることになります。

「免許がとれるから」薬学部を選ぶ。大事な要素のひとつだと思います。

志望理由として否定はしません。

ですが、それ「だけ」で入学しても、最後までモチベーションをもたせるのは難しい。

興味のないことを、毎日毎日勉強し続けるのは苦痛でしかないからです。

文理関係なく、どの学部でも同じことが言えると思います。

 

私は化学が好きで、その知識を活かせる職業に就きたいと思って薬学の道を選びました。

毎日、自分の好きなことしか勉強していません。

自分の進路選択は間違っていなかった

胸をはってそう言えます。

 

自分の興味がどこにあるかわからなかったり、

逆にありすぎて絞りきれなかったり、

たくさん悩みが出てくることもあるでしょう。

それで構いません。

たくさん悩んで、いろんな人に話を聞いて、いろんな場所に行って、

「この大学に来て正解だった」と、入学後言える進路を是非みつけてください。

 

 

 

写真少なめのブログになってしまいましたが、少しでも楽しんでいただけた方は、

ぜひ山本に一票を投じてくださるとうれしいです💛

 

それでは!また校舎で会いましょう。

 

 

 

 

◆各種お問い合わせはこちらをクリック!

 

 

2019年 10月 19日 ブログ総選挙12日目【柳田編】

さて、総選挙もいよいよ12日目ですね!

 

みなさん、今まで様々な担任助手の方のブログを見て

何か興味を感じるような分野はあったでしょうか?

興味がある人もそうでない人も幅広い視点を持って調べてみてくださいね!               

                     

   

さて、前置きもここまで!早速自己紹介をしていこうかなと思います。

 

渡邉担任助手や谷口担任助手のブログに少し名前が出ていましたが、声を高らかに元気よーく自己紹介をします!

 

同志社大学文化情報学部2回生の柳田篤典です!

よく「ギブソン」って呼ばれることが多いです!

 

 

本名とニックネームの被っている文字が「ギ」だけなのでなぜこのニックネームがついたのかよく分からないのですが

 

自分が生徒である頃からずっとこの名前を呼ばれていると意外と愛着が湧いてくるんだなーと思います(笑)

本名よりもニックネームの方が短くて呼びやすいと思うのでみなさんもぜひ「ギブソン」と呼んでくださいね!

 

また先日の渡邉担任助手のブログにあった

ギブソン体操」についてですが、行った例が一度しかありません…。何か悲しい…。

 

ソース画像を表示

 

意外と効果あるんですよ?(笑)

 

詳細を知りたい方はぜひギブソンまで!

 

 

さて、次は自分の学んでいることであったり、大学生活の中で行った活動を紹介していこうと思います!

 

同志社大学文化情報学部は京田辺キャンパスに位置しています!本当に広いですよ!

トレーニングルームなどもあったりしてかなり快適な環境です!

ソース画像を表示

 

 

また勉強の面でも「ラーネッド図書館」というものがあったりして

かなり新しい設備の中で快適に学習することが出来ます!

グループで勉強できる場所などもあって個人的にオススメな場所ですね!

ソース画像を表示

 

でも京田辺キャンパスは少し坂の上にあるので、初めて来る人は少ししんどいかもしれませんね…。

僕の場合出身高校がそもそも山の中にあって、高校の時は自転車を使って通学していたので

そのことを考えると意外と楽勝でした(笑)

歩いた時に見える左側の風景が似ていたので同志社大学に入学するときは個人的に安心しましたね(笑)

 

次に文化情報学部で自分の学習していることについて紹介していきます!

 

経済学部や文学部などと違って一見すると少し分かりにくいかもしれませんが、

簡単に言うと「データサイエンス」が中心になってきます!

もちろん今世間とかでも注目されつつあるプログラミングなども学ぶことが出来ます!

もちろんこのプログラミングを使い図形を作成しデザインをすることも可能です!

 

大学生の履修は自分が受けたいという科目を選択して受けることが出来るのが高校との授業と大きな違いです!

そこで今自分が中心に履修としているのが「情報・統計」に関する勉強を中心に行っています!

 

ソース画像を表示

 

 

「情報・統計」では

例えば「ある二つのデータを比較した場合、そのデータに相関関係はあるのか?」

という問題を聞いたことがありますよね?

これは高校数学とかでよくある相関係数に関することです。

 

しかし大学の学習ではこれがもっともっと複雑になってきます!

たとえば主成分分析という分析方法を聞いたことがありますか?

これは複数あるデータの傾向を掴むための分析方法です!

 

2,3種類のデータだけでなく、もっとデータの種類が多くなっています!

主成分分析を行うソフトとして「Rstudio」というものを授業では使用したりします!

 

もちろん主成分分析や他の分析を行うための命令は少し複雑なので割愛しますが

そこからグラフを描き傾向見てどんなことが言えるのかを考えるのは自分もかなり苦労していますね…。

 

またここからも多くのソフトが出てくると思うので大学生になっても勉強の重要性を学ぶ日々です!

また研究対象も様々です。

ザ・文系もしくはザ・理系のようなテーマもあれば

社会学や認知科学に関する研究テーマもあります!

このような幅広く研究を行うことができるのは文理融合の学部ならではです!

 

興味のある方はぜひ僕に声をかけてください!いろいろお話しましょう!

 

また、僕は今年の2,3月に同志社大学の留学プログラムにてイギリスに留学をしました!

色々な事に刺激を受けた日々でした!日々行われる授業は勿論、観光もかなり楽しみました!

現地の学生とお互いの文化の事について話すことが出来て凄く刺激になりました!

留学に行きたいと思っている人も本当にオススメです!

 

同志社大学では英語圏の国への留学はもちろん

中国など英語圏以外の場所へも留学することできます!

 

期間もプログラムによって様々なので是非調べてみてくださいね!

 

長々と稚拙な文章でしたが、どうだったでしょうか?最後に皆さん一言述べたいなと思います。

 

 

高校生活楽しいこともあれば、もちろん辛いことだってあります。

 

自分はなんでもアドリブでこなせるような天才型とは真逆で

かなり不器用な方だったので正直苦労することの方が多かったです。

そのためどんな活動であっても何らかの段階でよくつまづいて、悩むことが多かったです。

特に受験勉強は本当にその典型例です。成功の数より失敗の数の方が多いと思います。

 

でもいざそのような場面な直面したとき

どういう風にすれば乗りこえられるだろうか

最後まで諦めずに考え抜きました。

これは誰よりも考えたと思える自信がありますし、大学生になってからも考えることもあります。

 

その問題は個人的に解決できる課題かもしれないし

周りの人のサポートがあってやっと乗り越えられる壁かもしれません。

 

でも多くは後者の場合の方が多いと思います。

 

実際自分も現在の担任助手や同期そしてその他様々な方に悩みを伝えて、支えてもらったからこそ

今があると思っています。

 

だから今ある環境を大切にしていきましょう!

 

最後まであきらめずやり抜きましょう!

 

明日はついに最終日ですね!トリを飾るのは山本さんです!

明日も是非読んでくださいね!今日は以上です!

 

                 

                    

 

◆各種お問い合わせはこちらをクリック!