模試を受けるときの心構え | 東進ハイスクールJR奈良駅前校|奈良県

ブログ

2016年 9月 29日 模試を受けるときの心構え

こんにちは!JR奈良駅前校担任助手の田中宏樹です。

もうすぐ9月も終わりに近づいてきましたね。これから模試が増えていくと思います。

そこで、今日は模試の受け方について話していきたいと思います。

まず、模試は実力を測るものであるだけでなく、実力を伸ばすものです。実力を伸ばすためにするべきことは…

①本番のつもりで受ける

これは当たり前にやっている人にとっては当たり前だと思いますが、重要なので確認しておきます。本番に近い環境で受けられるのは、模試の場しかありません本番のつもりで受けることで、緊張した場面でも実力を発揮できるようになります。

②模試を受けている途中で寝ない

模試の途中で寝るのは最悪です。わからない問題が出たとしても、最後の最後まで解き方を探して考え続けてください。そうやって考え続けた努力は後で必ず実力になって帰ってきます。

③復習できる分の模試を受ける

模試を受けて実力を伸ばすために最も重要なのは復習です。復習をしないと、模試を受ける意味の半分がなくなります。そこで、受け方として、スケジュールと照らし合わせて、復習できる分の模試を受けると良いでしょう。

以上です。高3のこれからの時期は模試がたくさんで大変だと思いますが、志望校合格のために諦めずに頑張ってください。

~Information~

 

 

 

 

 

◆JR奈良駅前校!!合格速報&卒業生の声!!

 

スタッフ紹介は下記画像を★☆クリック☆★