分からない問題に出会ったとき | 東進ハイスクールJR奈良駅前校|奈良県

ブログ

2016年 11月 27日 分からない問題に出会ったとき

こんにちは!担任助手の田中宏樹です。

 みなさん、分からない問題に突き当たったとき、どうしてますか?

分からないから後回しにする、友達に聞く、調べる…

色々あると思います。

しかし、これらの方法は取るべき順番があります。

間違った順番でやってはいけません。

①何も見ずに自分で考える

まず自分で考えるのが何より重要です。本番は何も持ち込めないし、誰も教えてくれないです。ただ、ずっと考えていると時間を浪費してしますので、あと○○分考えるといったように制限時間を決めると良いでしょう。

②調べる、解説を読む

考えているだけでは分からないときは、調べたり、解説を読みます。英単語や公式を知らないだけだったら、その場で覚えてください。一回読んで理解できない場合、理解できるまで徹底的に読み込んでください。

③友達や先生に聞く

それでも分からない時、人に聞くのが有効です。聞くときは、「〇番の問題が分からないです」だけでなく、「〇番の問題の解説のここの部分が分からないです」もっといいのは、「〇番の問題をこのように解いてみたんですけど、なぜこのやり方だとまずいのですか」、というように聞くといいです。そうすることで、自分の分からないところがはっきりし、より能動的に質問をすることが出来ます。

④後でやり直す

これは最終手段です。安易にこの方法をとってはいけません。自分の理解力に比べて、問題のレベルが遥かに高く、先生や友達に聞いても分からないとき、あとに回します。これをやるときは、問題に印をつけ、やり直しを絶対に忘れないようにしましょう。数か月後にやり直した時、その間に取り入れた知識と会わせて理解できるところです。

分からない問題に出会うのは当然のことです。でも、それに対処するとき、あなたの実力は飛躍的に伸びていきます。

 

~Information~

 

 

 

 

 

◆JR奈良駅前校!!合格速報&卒業生の声!!

 

スタッフ紹介は下記画像を★☆クリック☆★