ブログ総選挙13日目【山本編】 | 東進ハイスクールJR奈良駅前校|奈良県

ブログ

2019年 10月 20日 ブログ総選挙13日目【山本編】

 

 

こんにちは、はじめましての方ははじめまして

 お久しぶりの方はお久しぶりです!

 

担任助手3回生の山本です!

              

                     

   

 

ブログ総選挙、いよいよ最終日ですね!

トリが私でいいんでしょうか。いいですよね。

 

みんなたくさん工夫して、

面白いブログを書いているので

まだ読んでいない方はぜひ先に読んでから

私のブログに戻ってきてくれると嬉しいです。

 

 

では、例にならって私も自己紹介からしていきましょう。

近畿大学 薬学部 医療薬学科

3回生、山本真鈴と申します。

 

ソース画像を表示

近畿圏最大級の私立大学で、受験者数は日本一!

  1. キャンパスは3つあり、

医学部がある大阪狭山キャンパス

農学部がある奈良生駒キャンパス、

そして中高も併設された東大阪キャンパス(薬学部はここ!)です。

家からだいたい1時間半くらいかけて通っています。

キャンパスのきれいさ、新しさ、関連施設の充実さは誇れる点ですね!あとまぐろ!

ソース画像を表示

 

 

さて、今回は、

①薬学部で学ぶこと

②今の大学生活について

③このブログを読んでくださっている皆さんへ

の三本立てでお話ししていこうかなと思います。

 

①薬学部で学ぶこと

11日目で渡邉担任助手が「看護学部は大変だ!」と言っていましたが、

薬学部も負けず劣らず大変です。

だって医療系だもの。

基礎化学・物理・生物にはじまり

有機化学(薬物の性質を理解するために必要)

解剖(身体のしくみとつくりについて)

化学・物理分析(研究における基礎)

生化学(体内の消化吸収・合成に関わる生化学反応)

薬理(薬が身体のどこに作用するか)

薬物動態(薬が体内でどのように代謝を受けるか)

製剤(有効成分をどのように必要な場所まで届けるか)

病態(病気がどういう原因で、どこがおかしくてどのような症状が出るか)

薬物治療(どの病気に対しどの薬を使うか、どのように治療するか)

放射線(医療用に使うものから環境放射線まで)

衛生(感染症を予防するには、人間が健康に生きることのできる環境の維持)

微生物(人間に感染し病気を起こす細菌・ウイルスなどについて)

法律(薬剤師と薬について規定する法律について)

倫理(ひとの命と向き合う職業なので必須)

などなど!いや~~~~多いですね!大変です。

とてもじゃないですが書ききれないので

簡単にまとめましたが

細分化するともっと増えます。

大変です(2回目)

試験に、実習があればレポートに、

とやることは並みの学部よりは確実に多いと思います。

大変です(3回目)

 

 

②今の大学生活について

3回生になり、いよいよ研究室への配属が決まり、

研究室生活を楽しんでいます。

やっと2週間?くらいですかね。

教授から研究テーマをもらい

同じ研究をしている先輩にいろいろ教えてもらいながら

少しずつ自分で出来ることを増やしていっています。

講義を受けて勉強する、とは

また違った頭の使い方をしているので、

慣れない間は疲れましたが今はひたすら楽しい!

 

研究室のことについてはオンライン上に書けないことが多いので、

続きは私まで方式をとらせてもらいますね(笑)

 

 

③このブログを読んでくださっている皆さんへ

まあ~~~~~大変なんですよ薬学部って。大変(n回目)。

勉強も実習も、6年間通うのも国家試験の勉強も、本当に大変です。

でもこの学部に入ったことを、私は微塵も後悔していないし、

毎日楽しく過ごしています。勉強だって楽しい

 

大学における楽しさっていろいろあると思いますが、私が何より大事だと思っているのは

「自分の興味関心に忠実に進路を選ぶ」ということです。

 

薬学部って本当に化学生物の延長線(+物理が少し)しか勉強しません。

つまり、もし化学生物に興味がない場合、

毎日興味のない、つまらない講義を受けることになります。

「免許がとれるから」薬学部を選ぶ。大事な要素のひとつだと思います。

志望理由として否定はしません。

ですが、それ「だけ」で入学しても、最後までモチベーションをもたせるのは難しい。

興味のないことを、毎日毎日勉強し続けるのは苦痛でしかないからです。

文理関係なく、どの学部でも同じことが言えると思います。

 

私は化学が好きで、その知識を活かせる職業に就きたいと思って薬学の道を選びました。

毎日、自分の好きなことしか勉強していません。

自分の進路選択は間違っていなかった

胸をはってそう言えます。

 

自分の興味がどこにあるかわからなかったり、

逆にありすぎて絞りきれなかったり、

たくさん悩みが出てくることもあるでしょう。

それで構いません。

たくさん悩んで、いろんな人に話を聞いて、いろんな場所に行って、

「この大学に来て正解だった」と、入学後言える進路を是非みつけてください。

 

 

 

写真少なめのブログになってしまいましたが、少しでも楽しんでいただけた方は、

ぜひ山本に一票を投じてくださるとうれしいです💛

 

それでは!また校舎で会いましょう。

 

 

 

 

◆各種お問い合わせはこちらをクリック!