【センター速報】地学基礎分析+アドバイス | 東進ハイスクールJR奈良駅前校|奈良県

校舎からのお知らせ

2016年 1月 17日 【センター速報】地学基礎分析+アドバイス

 ◆設問別分析

【第1問】地球

A 地震と自然災害、プレートの運動

問1 地学受験者としては間違ってはいけない基本的な問題である。
問2 東日本大震災とも関連している災害に関する問題である。
問3 基本的なプレートの動きがわかっていれば平易である。

B 地層と生命の歴史

問4 新課程ではクリノメーターについて学習していないので、地層の新旧の判断に示準化石を加えた問題として出題されている。
問5 どの時代が何億年くらい前なのかを把握していないと難しい。

C 火山やマグマ、火成岩
問6 火山ガスの主成分が水蒸気と二酸化炭素であることは頻出である。
問7 「ハザードマップ」という単語の意味がわかれば解ける。
問8 旧課程の地学Iでもよく出題された火成岩の薄片を観察したときのスケッチを読み取る問題である。

【第2問】地球全体のエネルギー収支(熱収支)

問1 オゾン層に関する頻出問題である。
問2 旧課程の地学Iでは計算問題としても出されたことがある内容である。
問3 単純な計算問題で、平易である。
問4 台風の発生などについてきちんと学んでいれば平易である。

【第3問】太陽の観察
A 銀河の分布
問1 宇宙が膨張していることがわかっていれば平易である。

B 太陽系の天体
問2 地球型惑星と木星型惑星の違いがわかっていれば平易である。
問3 太陽と地球大気の関連問題である。一般常識に近い。

 ◆学習アドバイス

◆センター試験はどんな試験?
既に一通りの分野を学習済みの人は、本番と同様に時間を計って今回の試験を解いてみましょう。時間が足りないと感じる人には、センター試験の形式に不慣れであったり、科学的な文章を読むことに慣れていなかったり、厳密に用語を覚えていなかったりという原因があるずです。反省材料を見つけて対応しましょう。センター試験では、教科書の内容がきちんと理解できていれば6割程度は得点できるように出題されています。まずは教科書を通読して理解を深め、基礎を固めましょう。

◆これからの学習方法
どの分野から勉強してもよく、得意分野についてはいきなり過去問を解いても構いません。ただし、本番の試験は全分野から偏りなく出題されますので、分野に対する好き嫌いが無いようにしておきましょう。教科書の内容を理解することが重要なのは言うまでもありませんが、資料集などでグラフ・表をしっかり見ておくことも重要です。その際、グラフの座標軸や数値の単位に十分気をつけましょう。地学の学習では、まずしっかりと自然現象に関する知識を蓄えることが重要です。それらを用いて論理的に考える習慣を身につけるようにしましょう。

◆今後の対策
地学基礎の過去問は今回を含めて2年分しかありません。演習不足にならないよう、全国統一高校生テストを含め年間6回実施される東進の「センター試験本番レベル模試」を活用しましょう。旧課程の過去問を解くときは、地学基礎に相当する問題を分野別に選び、解いてみましょう。