夏休みの勉強に向けて【久保編】 | 東進ハイスクールJR奈良駅前校|奈良県

ブログ

2017年 7月 20日 夏休みの勉強に向けて【久保編】

 こんにちは!

担任助手の久保です!

私事ですが、最近目覚めがとても良いです。

冷房のタイマーを何分にするかがよく寝れるかの肝なのではないかと思いました。

 

さて今回のテーマは

夏休みの勉強に向けて」です!!

夏休みの大きな特徴の一つは

長いということです。

ここでの長いという意味は

他の長期休みと比べて時期的に長いという意味合いもありますし、

学校がないため、1日の自分一人で学習する時間が長いという意味合いもあります。

このような「長い」夏休みは

逆に言えば「人と差をつけやすい」期間だともいえます。

なぜなら、学校がないため勉強が個人の裁量次第になりがちであり、

継続的に努力を続けられた人と

あまり努力を継続できなかった人の差がつくのは至極当然であるからです。

さえ、ではこの長い夏休みを継続的に努力するにはどうすれば良いのでしょうか。

 

大分前置きが長くなりましたが、

ここからは自分がやっていた長い夏休みを乗り切る方法について

話していきたいと思います。

自分は1時間ごとに科目とやることを変える

という方法で勉強していました。

夏休みは睡眠時間を減らさなくても15時間は勉強できると言われており、

自分もそれを目標に勉強していました。

ただ自分は集中力があまりなく、

苦手科目を伸ばすために予定を立てる際に

苦手科目の勉強時間を増やしたら、

勉強してるうちに眠くなったり集中力が続かず

得意科目に逃げてしまうということがありました。

そこでこの1時間ごとに勉強する科目を変えるという方法を思いつきました。

これは特に飽きっぽい人ややらなければいけないことが明確な方法だと思います。

例えば

7時30分~8時30分 日本史教科書読む

8時30分~9時30分 センター数ⅠA(+10分復習)

9時40分~10時40分 古文問題集、漢文句法

10時40分~11時40分 センター数ⅡB(+15分復習)

のような感じで1日の予定をたてていました。

ここで重要なことは比較的集中が難しい科目(自分の場合は日本史の教科書

や古文読解)と集中しやすい科目(自分の場合は数学や英文読解)を交互にすることです。

これをすることによってストレスフリーな受験勉強が送れます。

また、暗記は夜寝る前が良いとか読解系は午後が良いとか

学校の先生や担任助手から教えてもらった情報も参考にしました。

長期間努力を続けるにはその努力が

「実行可能なものか」ということも重要だと思います。

第1志望合格に十分な量かつ実行可能な計画を立てて、

この夏休みがんばっていきましょう!!

今日は以上です!!

 

 

 

 

 

 

 

 

◆【7月31日完全締切!!】高3生ラストチャンス!!部活生限定招待講習!!

*画像をクリックすると申込フォームへ移ります。

◆【数学成績優秀者募集】中3生・中2生数学特待生!!


◆2017年度入試JR奈良駅前校合格速報(第3弾)

*画像をクリックすると合格体験記詳細へ移ります。


◆JR奈良駅前校をweb見学!!!

*画像をクリックすると校舎内詳細へ移ります。

◆卒業生の声!!!

◆JR奈良駅前校は直営校・現役大学受験専門校舎です!!

◆東進Q and Aはコチラ