受験期の思い出~西尾編~ | 東進ハイスクールJR奈良駅前校|奈良県

ブログ

2017年 4月 11日 受験期の思い出~西尾編~

p>

こんにちは!

大阪大学1回生の西尾怜人です!

新学期が始まりましたね。新たな環境を前にして、皆さんはいかがお過ごしですか?

ちなみに僕は大学の授業が始まってきて段々と忙しくなってきました。

やっと大学生活始動!の実感が芽生えてきましたね。

最近は講義の合間に、上回生と大学構内でお花見しています(^ω^)

 

さて、

今回はタイトルにもある通り、僕の受験期の思い出を語ろうと思います。

思い出≒苦労話 な気がしますが、そこはご愛嬌。

僕は高3の4月に入塾したのですが、7月いっぱいまで部活をしていたので

平日は とにかく時間がありません でした。

また、学校の勉強や定期テストはしっかりとやっていたものの、

受験勉強」自体を始めていなかった僕は

とにかく穴まみれの基礎・基本を徹底していきました。

(特に英語は単語帳すら持っていないという始末。今思えば笑えないですね…)

必死に高速基礎マスターと受講を進めていくばかりで、長期的な計画を立てることは苦手でした。

勿論、立てた週間の計画は完璧にこなしました。(ココ重要!

夏休みは朝から晩まで塾にこもってセンター演習をドコドコやっていきました。

基礎・基本の反復も他の人よりはしていたのではないでしょうか(--)

……思い返すとこの時期が一番楽しかったなぁ(しみじみ)

友達と一緒に同じ問題解いたり、教え合ったりしていたなぁ(たそがれ)

――切磋琢磨ってやつですね!キリッ

……ここまで話してきて気付いたことがあります。

つらかったこととか、工夫したこととか、具体的に思い出せない!

と、いうことで。

1つ、伝えたいことを書いて締めにしたいと思います。

受験期を乗り切るうえで精神・心はとても大切です

苦しい時も楽しい時も、過ぎてみればあっという間ですが、

その時々をいかに乗り越えていくのか。

心の支えとなるものを一つでも見つけてみてください。

塾や学校の友達、家族やペット、担任助手などなど……

僕にとっては、友達が支えでした。

つらい思い出よりも友達と共に競い合い、励ましあい、教えあった時間のことのほうが

つらかったことよりも強く胸に残っています。

な の で

これこそは心の支えだ!

というものを、探してみてくださいね(^^)

それではまた。 

◆【先着申込順】東進入学説明会・入試説明会

*画像をクリックすると申込フォームへ移ります。

 

◆JR奈良駅前校をweb見学!!!

*画像をクリックすると校舎内詳細へ移ります。

◆卒業生の声!!!

◆JR奈良駅前校は直営校・現役大学受験専門校舎です!!

◆東進Q and Aはコチラ