【センター速報】生物学習分析+アドバイス | 東進ハイスクールJR奈良駅前校|奈良県

校舎からのお知らせ

2018年 1月 15日 【センター速報】生物学習分析+アドバイス

◆設問別分析

【第1問】生命現象と物質(タンパク質・酵素、スプラシング)
Aはタンパク質の構造や酵素の性質に関する基本的な知識問題、Bはスプライシングに関する知識問題と実験考察問題である。全体としてやや難しめである。問1~問4は基本的な知識問題であるが、すべて文章選択問題であり、やや細かい知識が必要なこともあって時間がかかるだろう。問5の計算は問題集などで慣れていないと難しく、得点差がついたであろう。問6は見かけほど難しくはない。
【第2問】生殖と発生(外胚葉領域と遺伝子、花粉管の誘導と伸長)
Aは両生類の原基分布図に関する知識問題と外胚葉の領域の広がりにかかわる遺伝子に関する実験考察問題、Bは被子植物の重複受精に関する知識問題と、花粉管伸長の誘導と花柱のはたらきに関する実験考察問題である。知識問題、実験考察問題は標準的である。問1は原基分布図の知識があれば解ける。問2の実験考察問題は、実験結果を整理し、選択肢を照らし合わせ、明らかに矛盾する選択肢を除いていく作業に時間がかかり、得点差がついたであろう。問3は、実験結果が明確であり、解釈は難しくはないだろう。問4の重複受精の知識は典型的なものである。
【第3問】生物の環境応答(筋収縮、植物の病害抵抗性反応)
Aは筋収縮に関する知識問題と実験考察問題、Bは植物の病害抵抗性反応と遺伝子に関する知識問題と実験考察問題である。全体に標準的である。問1・3は基本的な知識問題である。問2は単収縮と強縮の収縮度合いが違うことがわかるかどうかが鍵である。問4は標準的な知識問題である。問5は標準的な実験考察問題であるが、遺伝子Xと遺伝子Yの関係を考えて遺伝子XとYの二重変異体を考えねばならず、時間がかかる。
【第4問】生態と環境(生態系の物質収支、種間関係)   
Aは窒素代謝に関する知識問題と生態系の物質収支に関するデータ考察問題であり、Bは種間関係に関する実験考察問題と生態系に関する知識問題である。全体的に標準的な問題である。問1は標準的な知識問題である。問2・問3は総生産量や純生産量など物質収支の計算式を知っていないと解けず、得点差がついたであろう。問4は、文章の内容を理解するのに時間がかかり、ミスを誘発しやすい。また、カッコウの托卵は基本的には寄生であることがピンとこず、戸惑った受験生もいたであろう。問5は攪乱や生物多様性について理解していないと2つ正答するのは難しい。
【第5問】生物の進化と系統(集団遺伝、分子系統樹、適応進化、生物の進化)
Aは集団遺伝と分子系統樹に関するデータ考察問題と計算問題、Bは植物の適応進化に関するデータ考察問題と生物の進化に関する知識問題である。全体としては易しめであるが、分子系統樹の計算問題で得点差がついたであろう。問1は遺伝子頻度を計算しなくてよく、易しめの考察問題である。問2の計算は、計算方法を知っているかどうかで大きく得点差がついたであろう。問3の知識問題は選択肢がわかりやすく、易しめである。問4は実験結果を理解するのに時間がかかるが、それほど難しくはない。問5・6は易しい知識問題である。
【第6問】遺伝子組換え実験(制限酵素、プラスミド、選択培地)
遺伝子組換え実験と選別に関する実験考察問題である。問題文が長く、理解するのに時間がかかる。問1は標準的な知識問題である。問2・3は、国公立二次や私大の入試で典型的であり、一度解いていれば解けるが、初見だと、文章の内容を整理するのに時間がかかり、得点差がついたであろう。
【第7問】生物の進化と生態(学名、個体群、配偶者選択)
学名、個体群、生態と進化に関する複合問題である。問1・2は標準的な知識問題であり、易しめである。問3は問題文が長く、実験1~3の解釈に時間がかかり、得点差がつくであろう。

◆学習アドバイス
◆センター試験について
センター試験生物では、大問6題を試験時間60分という限られた時間で解答することになります。この6題の大問は、教科書の「生命現象と物質」・「生殖と発生」・「生物の環境応答」・「生物と環境」・「生物の進化と系統」の5つの単元からまんべんなく出題されます。つまり、センター試験は、教科書全体から幅広く出題されます。気になる難易度ですが、センター試験は平均得点率が60%になるように作られています。年度や大問によって難易に差はあります。問題の内容ですが、約半分程度は基本的な知識問題です。これは、教科書で学習する用語をしっかりと覚え、教科書に載っている実験内容と結論をきちんと整理していれば容易に解ける問題です。ただし、かなり詳細な知識が要求されることもあるので、細かいところまでしっかりと覚えておく必要があります。これを怠ると高得点は望めません。残りは、実験考察問題や計算問題です。よく「生物は暗記科目」と思われがちですが、センター試験は教科書の基本的な知識を土台にした実験考察問題が出題されます。これらはまず、問題文を読みこなし、データを解析して、正しい解答を導き出す能力が必要になりますが、一朝一夕で身につくものではなく、周到な準備が必要です。さらに、センター試験では、実験結果を見ただけでは何の結論も得られない実験考察問題が出題されることがあります。このような問題は、実験結果と選択肢を照らし合わせて正解を導きださねばなりません。また、計算問題は、数学と同様に、たくさんの演習を行うことで処理速度が上がっていきます。計算問題に時間をとられなければ、他の実験考察問題に時間をつかうことができるので、高得点が狙えます。
◆模試を活用しよう!
まずは、教科書の基本的な内容をしっかり学習し、「全国統一高校生テスト」を含めて年間6回実施する東進のセンター試験本番レベル模試を積極的に受けてセンター試験の形式や時間配分にも慣れ、学習の成果を確認していきましょう。

◆【申込開始!!】東進の学習システムを体感!!新年度特別招待講習!!

◆2017年度入試JR奈良駅前校合格速報(第3弾)

*画像をクリックすると合格体験記詳細へ移ります。


◆JR奈良駅前校をweb見学!!!

*画像をクリックすると校舎内詳細へ移ります。

◆卒業生の声!!!

◆JR奈良駅前校は直営校・現役大学受験専門校舎です!!