【センター速報】地学基礎分析+アドバイス | 東進ハイスクールJR奈良駅前校|奈良県

校舎からのお知らせ

2017年 1月 15日 【センター速報】地学基礎分析+アドバイス

◆設問別分析

第1問 地球とその構成物質
A 地球の構造と歴史
問1 核を構成する元素を問う問題である。地殻・マントル(岩石)との違いがわかっていれば解ける。
問2 初期微動継続時間が震源距離に比例してることを読み取り、計算する問題である。地震波の性質・比例の意味がわかっていれば難しくはない。
問3 46億年前の地球形成を問う問題である。岩石惑星の誕生の仕組みがわかっていれば解ける。
B 火成岩
問4 火山岩のスケッチを見て答える問題である。深成岩との違いが問われている。
問5 造岩鉱物や火成岩の性質に関する問題である。火成岩に関する正確な知識をもっていたかが、ポイントである。

第2問 地球環境と大気・海洋
A 温暖化
問1 代表的な温室効果ガスが何であるか、知識を問う問題である。
問2 エネルギー問題・環境問題を総合的に問う問題である。地球放射・太陽放射エネルギーおよび人為的エネルギー全般に興味がないと難しい。
問3 基本的な計算問題である。グラフの数値が読み取れることができれば、平易である。
B 日本周辺の大気・海洋・自然環境現象
問4 梅雨の時期から夏にかけた気圧配置に関する理解を問う問題である。この時期は南北の高気圧が天気に大きな影響があることを理解していないと難しいだろう。
問5 問4同様、梅雨時期に関する問題である。天気のニュースなどでもよく出る話題なので、平易。

第3問 太陽と太陽系の惑星
問1 黒点を中心とした太陽表層の現象を問う。太陽表層の温度と構造が理解できていれば解ける。
問2 天文単位が地球と太陽の平均距離であることがわかれば、計算は容易である。

第4問 宇宙からの光と地球・生命の歴史
問1 オリオン大星雲が「星のゆりかご」であることがわかっているかを問う問題である。天体の区別ができていないと、やや難しい。
問2 古生代・中生代・新生代の区分がわかっていれば解ける問題である。
問3 断層の種類、および「切る」「切られる」という関係がわかっていれば解ける問題である。ビカリアはセンター試験で頻出の知識なので、難しくはない。

◆学習アドバイス

 

センター試験地学基礎の特徴
センター試験地学基礎は、地学基礎の教科書からまんべんなく出題されます。センター試験はマーク形式ですが、私大入試とは違い、本文を読まずに選択肢だけから答えが出たり、きちんと計算をせずに計算問題が解けたりすることはありません。センター試験では、試験時間が30分という限られた時間で15問前後を解答することになります。地学基礎とはいえ、単純な知識問題は少なく、様々な分野の知識や考察力が必要です。また、煩雑な計算問題はありませんが、基本的な計算力も必要です。図やグラフも、教科書や資料集に載っているような典型的なものがほとんどですが、内容をしっかりと理解しておきましょう。

これからの学習について
まずは教科書を繰り返し読み、内容を理解しましょう。いきなり問題を解こうとはしないことです。教科書の実験・考察にもじっくり目を通しましょう。基本的な知識を頭の中で「モデル化」した後は、過去問を解いてみましょう。教科書傍用問題集は、センター試験の過去問を中心とした問題集ですから、ある程度学習している人は積極的に問題演習に取り組んでみましょう。まだ学習が不足している人、教科書や過去問を見てもあまりイメージがつかみにくい人は、基本に戻って、教科書などを読み直しましょう。

模試の活用
地学基礎の過去問は今年度を含めて3年分しかありません。演習不足にならないよう、全国統一高校生テストを含め、年間6回実施される東進の「センター試験本番レベル模試」を活用しましょう。旧課程の過去問を解くときは、地学基礎に相当する問題を分野別に選び、解いてみましょう。