【センター速報】化学基礎学習分析+アドバイス | 東進ハイスクールJR奈良駅前校|奈良県

校舎からのお知らせ

2018年 1月 15日 【センター速報】化学基礎学習分析+アドバイス

◆設問別分析

第1問
問1 aは陽イオンになりやすい原子、bは共有結合の結晶の組合せを選ぶ問題。結晶の種類を問う問題は過去にもよく出題されている内容であり、きちんと過去問の演習を積んでいれば容易に解答できる。
   
問2 ホウ素原子の電子配置を選択する問題。ホウ素の原子番号が5であることと、K殻に入る電子は2つまでであることがわかっていれば解答できる。

問3 電子の総数を問う問題。中性の分子であれば、電子の数と陽子の数は等しいため、各元素の原子番号がわかっていれば解答できる。一方、イオンの場合は、電子の数と陽子の数が価数の分だけ異なるため、電子の総数を求めるときに注意が必要である。

問4 5gのX2Z3に含まれるXの質量を表す式を選択する問題。質量比はモル質量の比と一致することがわかっていたかがポイントであった。見慣れない問題で戸惑った受験者も多かったと思われる。

問5 実験結果から化合物を推定する問題。純物質アは、ナトリウムの炎色反応が黄色を示すこと、塩化銀が白色沈殿であることが分かっていれば解答できる。また、純物質イは、炭酸カルシウムに塩酸を加えると二酸化炭素が発生することを、酸と塩基の知識も踏まえて思い出せたかどうかがポイントである。 

問6 水の状態変化に関する問題。水は一般的な物質と異なり、固体の体積の方が液体の体積よりも大きくなる、ということを知らないと解答出来なかった。これは文系の受験者にとってはなじみが少なく、難しかった。

問7 物質の用途に関する問題。教科書に記載されている物質がどのようなものに利用されているのかを、きちんと知っていたかがポイントであった。

第2問
問1 水に含まれる、水素原子、原子核、共有結合に使われている電子、非共有電子対の数を問う問題。水の物質量(mol)とそれぞれの数は比例するため、水1分子あたりの水素原子、原子核、共有結合に使われている電子、非共有電子対の数が数えられれば解答できる。

問2 混合気体の質量を求める問題。混合気体の体積比は物質量比と等しいことが理解できているかがポイントである。文系の受験者は混合気体を扱いなれていないため、難しかった。

問3 モル濃度の高低を問う問題。質量パーセント濃度とモル濃度の変換は、過去の問題でも頻出であるが、このような形式で出題されるのははじめてであった。実際には密度の大小だけで解答できることに気付くことで、容易に解答できる。

問4 様々な物質のpHの大小を問う問題。設問に含まれる物質の大まかなpHは教科書に記載されている。しかし、表や図でまとめられているため、盲点になっていた受験者も多かったと思われる。

問5 中和滴定の滴定曲線を選択する問題。中和点のおおよそのpHを予測し、解答する。炭酸水素ナトリウムと塩酸の中和滴定は、文系の受験者にとってはあまりなじみがないかもしれない。

問6 酸化還元反応を選択する問題。酸化数の変化を伴う反応を探すことになるが、イ、エのように反応物または生成物に単体を含む反応はすべて酸化還元反応であるため、それを知っていれば容易に解答できる。

問7 化学電池に関する問題。聞きなれない電池が題材となり、戸惑った受験者も多かったと思われる。しかし、リチウムイオン電池がノート型パソコンや携帯電話などに用いられていることが述べられているため、この電池が充電可能であることは容易に推定できる。

◆学習アドバイス
◆はじめに
センター試験の化学基礎は「化学基礎」の教科書から出題され、その範囲は決して広くありません。そのため、化学基礎の学習は主要科目に比べて後回しになりがちですが、単に知識を問うだけの問題ではなく、よく考えないと正解が導き出せないような問題も出題されています。定期試験の勉強と同じような感覚で学習を進めていると、入試問題に対応できません。計画的に学習を進めていけば必ず高得点に結びつくので、なるべく早い段階での対策を心掛けましょう。
◆センター試験化学基礎の特徴
大問2題で構成されている試験で、試験時間は30分です。基礎~標準レベルの問題で構成されていますが、計算問題も出題されますので、さほど時間に余裕はありません。先ほど触れたように、よく考えないと正解が導き出せないような問題が出題される一方で、過去に出題された問題と類似した問題も多く出題されるため、過去問演習は欠かせません。旧課程の問題も含めて、演習を積んでおきましょう。また、身近な物質や現象に関しては、教科書の表や図にしか記載されていない部分からの出題も見られます。普段から身のまわりの物質や現象と関連付けながら教科書をよく読み、十分な対策を行って、万全の状態で本番を迎えられるようにしましょう。
◆1学期のうちに化学基礎を一通り復習しよう!
この時期であれば、高校で「化学基礎」の学習を一通り終えている人も多いと思いますが、教科書のはじめの方の内容には忘れてしまっている部分もあるかもしれません。過去問や模試を活用し、実践的な問題で演習を積むことも大切ですが、その一方で、教科書の内容をもう一度一通り復習しなおすことも欠かせません。まずは教科書の内容を復習し、基礎的な問題集などを使って演習も行いながら学習を進めて下さい。そして、高3の1学期のうちに教科書の復習を終え、夏からはどんどん過去問を解いていきましょう。
◆模試を活用しよう!
東進の「センター試験本番レベル模試」は、実際に行われたセンター試験の問題をもとに出題内容や問題レベルを分析して作られており、全国統一高校生テストを含めて年間6回実施されます。これらの模試を活用することで、問題の出題傾向を把握し、現状で自分に足りていない部分を把握することができます。上手に活用し、来年の本番に向けて十分な対策を行いましょう!

◆【申込開始!!】東進の学習システムを体感!!新年度特別招待講習!!

◆2017年度入試JR奈良駅前校合格速報(第3弾)

*画像をクリックすると合格体験記詳細へ移ります。


◆JR奈良駅前校をweb見学!!!

*画像をクリックすると校舎内詳細へ移ります。

◆卒業生の声!!!

◆JR奈良駅前校は直営校・現役大学受験専門校舎です!!